アメリカの住宅の地下室が怖い

みなさんご機嫌いかがでしょうか。今日はアメリカの住宅の地下室の話題です。

ブレーカーが落ちたので地下室に行かなければならなかった

部屋でクーラーガンガンに効かせて、GPUもガンガン回していて、電子レンジもあわせて使っていたらブレーカー落ちちゃいましたね。大家さんに聞いてみると地下室に行かないとブレーカー上げられず、当分戻ってこれないから自分でブレーカー上げてくれとのことでしたので仕方なく地下室に行くことにしました。

地下室は怖い

セントラルヒーティングのための機材ですとか、様々な物がおいている物置になっています。コンクリート打ちっぱなしでどうやら地下室は人の住める環境じゃないみたいです。窓もなくて閉鎖的で蜘蛛とかいそうですからね。

ずっと地下室に住んでいると病気になりそうな感はありますね。

日本の住宅で地下室見かけないから割と新鮮

日本でもオフィスビルディングなら地下がビルメンや警備員さんの詰所になっていて、そこを利用しているなんてことはよくありますが、一般の住宅で地下室なんてなかなか見かけないですよね。地下室は結構怖いですが、そこそこ貴重な体験をしているのだなと感じた次第です。

ということで今日はこんな感じです。