アメリカの401k(個人年金)のファンド決めたなど

みなさんご機嫌いかがでしょうか。今日は401k(アメリカの個人年金)のファンドを決めた話です。

デフォルトではTarget Date Fundsになっていたけど

401kですが、どの企業もだいたいターゲットデータファンドをデフォルトで設定しているみたいです。日本の証券企業で話している友人にも401kについて聞いてみたのですが、やはりターゲットデータファンドが広く使われているとのこと。ただ、指数をトラッキングしたパッシブファンドじゃなくてアクティブファンドなのでそのあたりは若干のリスクがありそうですね。

特に希望がなければターゲットデータファンドで選んでよさげですね。

信託報酬が高いのが気になる

こちらのターゲットデータファンドですが信託報酬がだいたい0.4%なんですよね。日本のファンドと比べれば信託報酬は安いのかなと思いますが、アメリカ基準でいうと少し高いのかなって気になっていました。株価上がろうが下がろうがデフォルトで0.4%信託報酬とられちゃうのは少し解せないですよね。

S&P500のファンドに変えることにした

信託報酬0.03%なのでターゲットデータファンドに比べると負担が少ないですし、現状パフォーマンスをみているとターゲットデータファンドよりS&P500のファンドの方がパフォーマンスがいいのでS&P500 のファンドに変えることにしました。

ということで今日はこんな感じです!