アメリカの米系企業で働くということはお金もらいながら英語や技術を学べることに等しい

みなさんご機嫌いかがでしょうか。今日は海外勤務の良い点についてご紹介したいと思います。

学生時代はお金払って英語勉強していたけれど

学生時代はTOEIC、IELTS、TOEFLやGREなど高い受験料かけて受けていましたし、英語の参考書に多額のお金をつぎ込んだり、フィリピン系のオンライン英会話に申し込んだこともありました。費用にしてもしかしたら数百万くらいかかっているかもしれないのでかなりの出費ですね。

とはいえ、それで海外就職できているのであって必要な投資だったとは思いますが。

仕事を通じて給料もらいながら英語や技術を学べるのはすばらしい

同僚がネイティブのアメリカ人なので仕事上のチャットも全部英語、オンラインミーティングも全部英語なので必然的に英語に触れざるをえません。また、給料をもらいながら技術も学べるのでとても素晴らしい環境ですね。

正直、英語力も働いてからの方が格段に伸びた気がする

仕事で使うような実務英語を覚えられますし、ミスると周囲の印象が悪くなるだけでなく、自分の首が飛んでしまう可能性があるので笑、学生時代よりも必死になりますね。

クビになる危険性と表裏一体ということもあって英語にも身が入るものです笑

日本にお住まいの方も仕事で英語使うような環境に行くといいかも

外資であったり、企業・団体の国際系の部署であったり、探せばあるかと思うのでそのようなところで働けると英語も学びながら給料ももらえてすばらしいのかもしれません。

ということで今日はこんな感じです。