岩明均さんの作品は短編より長編が面白いのかもしれない

みなさんご機嫌いかがでしょうか。今日は岩明均サンの作品は短編より長編が面白いのかもしれないという話です。

短編集『骨の音』を読んだ

冬目景さんの作品を読んだときはこの人は長編より短編が得意な作家さんなんだろうなとひしひしと感じたのですが、逆に岩明均さんの場合は短編でも長編でも淡々とした感じでそれほどの変化を感じないのが不思議でしたね。短編集の中にも後の寄生獣に通ずるものがあって、特に短編集『骨の音』はまさに寄生獣の原型かなって思いますね。

思うに岩明均さんの作品の魅力は構成力

長編になればなるほど風呂敷をたためずに尻すぼみになる中で、伏線を回収し最初から最後まで面白く終わるというのはやはりすばらしく、短編でも長編でも安定した面白さを誇る岩明均さんの構成力には尊敬していますね。

ヒストリエの最終回が見たい

私が生きている間に見れるかどうかはわかりませんが、ヒストリエの最終回を見たいですね。

ということで今日はこんな感じです!