ニューヨークの人々はやさしいなど

みなさんご機嫌いかがでしょうか。今日はニューヨークの人々はやさしいのではないかとふと思ったのでその話題についてです。

ニューヨークの人々はアジア人慣れしてる

以前滞在していたことのあるアメリカ南部ではサザン・ホスピタリティという言葉はありましたが、やっぱりアジア人は見慣れていないのかちょくちょく快く思っていない扱いを受けることもありました。ニューヨークではどこにいっても基本的にフレンドリーでいつも快い感じですね。ここであればずっと住めそうです。どこに行っても丁寧な扱いを受けました。

ただしルール違反には厳しい

たとえば、地下鉄で右側通行のところを左側通行で歩いていたところ、wrong way!と手厳しい指摘を受けました。出勤途中でピリピリしていたのかなと思いましたが、このあたりは日本と大差ないなと。以前、日本で霞が関付近の地下鉄を利用したときに、退勤後のサラリーマンが(知り合いではないであろう)OLに改札で邪魔だと罵声を浴びせていたことがあったことがフラッシュバックされました。余裕がなくなってしまうと、人はどこでも厳しくなってしまうのでしょうね。できるだけ他人に対して粗相のないように常に気を付ける必要がありました。

タクシーやUBERの運転手さんもみんな親切

タクシーやUBERの運転手さんは国によって対応が大きく異なってくるものですが、こちらはとてもやさしいです。こういった職業は移民が担っているっていうことも理由の一つかもしれませんが、とても親切です。世間話をしているといろいろその町のことを知ることができておすすめですね

自分も他人に対して親切にしたい

ニューヨークでの親切さを通じて、私も日本で他人に対して親切にしたいと思うようになりました。日本人、外国人問わず、他人が困っていたり、あるいは日常会話であってもフレンドリーに接して快い毎日を送っていけたらと思います。

ということで今日はこんな感じです!

本ブログをご覧頂き誠にありがとうございます。みなさまの支えがあってブログを継続更新できています。たまにはクリック頂けますと幸いです!

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村