アメリカの『Citizen』というアプリが犯罪の見える化をしていて便利など

みなさんご機嫌いかがでしょうか。海外で住むホテルやアパートを決めるにあたって治安っていうのはけっこう重要ですよね。そこで今日はそんな治安の疑問に答える『Citizen』というアプリを紹介します。

Citizenとは?

Citizen・・・アメリカの犯罪報告アプリ。ユーザーがここで事件や事故がありましたと位置情報付きで報告をして犯罪の見える化を行っています。日本でいうところの瑕疵物件報告サイト『大島てる』の犯罪版のような感じです。

Citizenの便利なところ

このアプリがとっても便利なのはいつ、どこで、どんな犯罪があったかが明確なので、たとえばこの時間帯にこの場所に立ち入るのはやめようですとか、この付近で最近空き巣や強盗が多いから用心しようと警戒できることですね。備えあれば憂いなしと言いますが、その備えの部分になっています。

ユーザーによる犯罪の見える化という視点も面白い

ユーザーによる報告を積み重ねていくことでより素晴らしい街づくりにしていこうという側面もあり、このような犯罪の見える化の視点はかなりそそられるものがありますね。何というか成熟した民主主義っぽいです。

日本でも導入してみるといいかも

口コミやユーザーによる報告は実際に『大島てる』でもやっていることではあるので、犯罪も同様に見える化してみたらと思いますね。

ということで今日はこんな感じです!