2年で転職を繰り返す風潮について

みなさんご機嫌いかがでしょうか。今日は2年で転職を繰り返す風潮について私見をお伝えします。

2年で転職を繰り返す人はちょっと自分にはなじまないかもしれない

アメリカにいると、2年毎に転職してキャリアアップしていくっていう風潮があって、実際に同僚でもそういった流れにのって転職されている方もいるのですが、ちょっと自分になじまないかもしれないと思いました。

私も3年で仕事辞めているので人のことは言えませんが笑、頻繁な転職にはちょっと違和感を覚えています。

2年だとやっぱり大事な仕事任せてもらえない気がする

履歴書上は外資系企業等の経歴で埋め尽くされていても、数年で転職しているといずれ企業にとって重要な局面であってもすぐに転職して出ていってしまう気がします。かなりキラキラした経歴でも、これで7社目とかになるとやっぱり大事な仕事任せてもらえなくなりそうですよね。

本当に辛い時は2年と言わずすぐやめてもいいかもしれない

とはいうものの仕事って相性があるかと思うので、辛くなったらやめること自体は問題ないのかなと思います。お互いギスギスした気持ちで仕事するのはパフォーマンスに影響が出そうだし、体調も悪くなりそうですからね。

待遇や仕事内容に不満がなければ長く続けたほうがいいかも

今の仕事に不満がなくて、待遇もよく独立なども考えていないのであれば長く続けたほうがいいかもしれませんね。

ということで今日はこんな感じです!