アメリカでの転職時期について考えてみた

みなさんご機嫌いかがでしょうか。今日はアメリカでの転職時期について考えてみました。

Job Hopperは避けた方がいいかも

特にエンジニアリング業界は人材の流動性が激しいですし実際に周りの同僚もポンポンと転職している人もいますが、やっぱり経歴はきらびやかでも仕事で頼りになるかって言われると重要な仕事とかほっぽりだしてすぐに転職して後任を困らせるようなことはしたくないですからね。個人的には最低3年はいたいかなと思いますね。3年である程度の仕事はできるようになりますからね。

H1bビザで転職を考えるなら3年目以内までがいいかも

H1bビザですと更新も含め合計6年いることができますが、5年目、6年目の段階になるとビザが残り短いということで企業側が躊躇します。ですから一般的に言って3年目あたりで転職するのがよいのではないでしょうか。

グリーンカード・市民権持ちなら基本的にいつでもいいオファーがあれば転職してもいいかも

グリーンカード・市民権持ちなら転職へのハードルがF1OPTやH1bビザなどと比較すると低いので気軽に挑戦してみてもいいかもしれないですね。仮に無職になってもアメリカにとどまることはできて強制帰国とかなさそうですからね。

ということで今日はこんな感じです。