アメリカの随意雇用で解雇されやすいタイミング

みなさんご機嫌いかがでしょうか。今日はアメリカの随意雇用で解雇されやすいタイミングについてお伝えします。

随意雇用(At-will Employment)とは?

随意雇用(At-will Employment)
雇用者も労働者も即時に解雇/退職できる制度。

日本ではほとんど考えられないことなのですがアメリカには随意雇用という制度があって即時解雇/退職できる制度がありますね。解雇/退職に対するハードルが低いってことなんでしょうね。

労働者の場合はTwo weeks ruleという暗黙知があって離職する2週間程前にHRやマネージャーに伝えておくと離職がスムーズになるそうですが、なくてもいいかもしれませんね。

入社後3ヶ月間は解雇に注意

日本にも試用期間があるかと思いますが、やはり入社後3ヶ月間はよいパフォーマンスを残さないと解雇される可能性がありますね。

補足説明をいれる 少し小さなフォントで少し目立つような補足説明を追加することができます。

年末も解雇に注意

年越してしまうとタックス関係の書類等経理の手続きが煩雑になってしまうので解雇されるとしたら年明けではなく年末に解雇される可能性が高いです。私も年末に近づくとひやひやしてしまいますね。年末に向けて仕事をがんばるとともに万一に備え転職活動もするようにしていますね笑

とりわけこのご時世ですと何があってもおかしくはないので気をつけていきたいですね。

ということで今日はこんな感じです!