熊肉を初めて食べてみたなど

みなさんご機嫌いかがでしょうか。先日、熊肉を初めて食べてみましたので今日はその感想についてお伝えしたいと思います。

熊肉の大和煮を食べてみた!

親戚が熊肉をもらったらしく、それを大和煮にしたものを食べてみた。

大和煮とは熊肉をしょうが、醤油、酒やみりんなどで煮込んだものを指します。

においはかなり野性的

熊肉で最も特徴的だったのはにおいです。本当に獣のにおいがきつかったですね。野生を喰らっている感じがして元気が出そうではありますが。

ジビエ愛好者向けという感じで一般受けはしないかもしれませんね。

脂肪はちょっとくどすぎる→赤身中心に食べるべきかも

とりわけきつかったのが脂肪です。今まで食べたことのなかったようなくどさと、においが感じられました。赤身はとてもおいしく感じられて脂肪とのギャップがすごかったですね。

熊肉料理するなら脂肪を取り除き、香辛料いれまくった方がいいかも

熊肉は初心者向けじゃない気がしますので、万人受けするように調理するなら、脂身を取り除いて香辛料いれまくったいい気がします。今回食べた大和煮では鷹の爪などは入っておりませんですので、気持ち辛めにするとおいしいかもしれません。

ということで今日はこんな感じです!