ゴースト/ニューヨークの幻を見た感想

みなさんご機嫌いかがでしょうか。今日はゴースト/ニューヨークの幻を見た感想についてお伝えします。

1980年代後半のNYCの様子を知れるのがいい

ロケ地としてマンハッタンのSoHo、ウォール街やブルックリン等が出てきてとても楽しいですね。あの頃とほとんどNYCの様子は変わっていないのかなって思いますね。そういった変わらなさも街の魅力かもしれません。

Dittoという言葉

作中で何度もDittoという言葉が出てくるのですが、恥ずかしながらこの言葉はゴーストを見るまで知りませんでした。DittoってMe tooの意味なんですね。現在使っているところを耳にしたり目にしたりすることはなかったのでおそらく当時のバズワードだったんでしょうね。

当時の金融システムが気になった

銀行で4万ドルを引き下ろそうとする話だったのですが、当時の金融システムがコボルかフォートランなのかちょっと気になりましたね。

ウーピー・ゴールドバーグは熱演だった

霊媒師役のウーピー・ゴールドバーグは熱演でしたね。Samが憑依するところの描写等は本当荷いい話だと思いました。英語も平易でとても聞きやすかったですね。

ということで今日はこんな感じです!