アメリカのUber Eatsで怖い目にあった話

みなさんご機嫌いかがでしょうか。今日はアメリカのUber Eatsで怖い目にあった話についてお伝えします。

Uber Eatsを注文するとそこには何も持っていない配達員が

Uber Eatsを注文するとそこにはオーダーしたものを何も持っていない配達員がいて携帯をいじった後、すぐに帰ってしまいました。私は何ももらっていないので配達員が何も渡さずに帰った後、ああはめられたと思いましたね。

返金手続きするとすぐ返ってきた

返金手続きするとすぐに返ってきたのでこちら側の言い分が認められたようです。この点はとても感謝しています。やはりこういった苦情が多いですよね。

Uber Eatsで注文するのをやめた

Uber Eatsで注文するのをしばらく控えようと思います。身近なところにこんなに犯罪者がいるとは思いもしれませんでしたからね。家の前にまさか犯罪者がいるとは思いもしませんでした。思ったより治安が悪いことがわかったのでもう配達は控えます。

ということで今日はこんな感じです!