コカ・コーラのペットボトル小容量化はいいことだと思う

みなさんご機嫌いかがでしょうか。今日はペットボトルの内容量が変更すると話題のコカ・コーラについてです。

500mlのペットボトルでは一度に飲みきれない

コカ・コーラですが自動販売機で買って一度に飲みきれたことがありません。1/3位飲んだところでもうお腹いっぱいになってしまうんですよ。一度持ち帰って冷蔵庫で保存して次の日に残りを消化する感じです。衛生面でもあまりよろしくないので、500mlから350mlに変わると一度に飲みきることができるのではないでしょうか。

個人的に160mlのミニ缶を自動販売機で発売してほしい


正直350mlでもコカ・コーラは内容量多いと思っているので、できれば160mlのミニ缶を自動販売機で発売してほしいですね。100円以内でしたら購入します。結局内容量多めの缶を買っても飲みきれなくて途中で捨ててしまってはもったいないですからね。このくらいのサイズが自分の胃袋的にもちょうどいいのかもしれません。

大容量のものを安くっていう時代ではもうないのかも

日本経済も冷え込んで久しく、企業が値上げすると消費者が離れてしまうので内容量を少なくするステルス値上げが横行していますが、これは仕方のないことなのかもと。それしか方法ないわけですからね。その分、企業側に無駄の出ないように食品を小分けしてもらって、消費者は小容量のものを飲みきる、食べきるっていうようにすれば、もったいない精神にもかないますし、環境にもやさしいのではないでしょうかと。大食漢にはつらいかもですが、時代の流れと思った方がよさげですね。

ということで今日はこんな感じです!